So-net無料ブログ作成

独自進化を見せるウォークマンに期待 [携帯電話]

 本日ソニーよりウォークマンの新機種が発表されました。

 私がちょっと欲しくなったのはウォークマンMシリーズ。少し前まで存在したスティックタイプのウォークマンが復活しました。

 それだけでなく、最大の売りとしてはBluetoothヘッドセットになるということ。すなわち、スマートフォンの音楽やYoutubeなどの動画の音声を聴くことができ、さらに通話までできてしまうというスグレモノです。XperiaシリーズなどNFC対応のスマートフォンならワンタッチで簡単にBluetoothペアリングもできてしまいます。

 Bluetoothでスマートフォンとつながる機器は様々あって、最近では腕時計型のデバイスもありますし、通話用のBluetoothヘッドセットもあるわけですが、いずれもわざわざ買うまでもないかな…と思ってしまい、なかなか手を出せませんでした。

 ウォークマンMシリーズが良いのは、単体で高音質で音楽やFMラジオを楽しめて、それに付加価値としてスマートフォン連係もできますよ、ということ。スマートフォンと連係しなくても音楽プレーヤーとして高機能なので、Bluetoothヘッドセットを買うときのような「もし使わなくなったら…」という不安感を持たずに買えます。これなら「Bluetoothヘッドセットとしても使ってみようかな」という気にさせてくれます。

 iPodがiPhoneの普及に伴い廃れていっているのに対し、ウォークマンは徹底的な高音質や、こうしたスマホ連係機能など、独自の進化を遂げていて、新たな価値を生んでいるように思えます。デザインも非常に良いですし、業績の良かった時、元気な時のソニーらしさが戻ってきたな、と思います。先日のXperia Z1発表の時もソニーらしさが戻ってきた、と感じましたが、今回のウォークマン発表でもそれを思いました。

 この冬はXperia Z1とウォークマンMシリーズを一緒に買おうかな、という気にさせてくれます。今後のソニーには大いに期待したいですね。

ドコモiPhone発売!注目はLTE周波数 [携帯電話]

 iPhone5s/5cが正式発表され、NTTドコモからも発売が決まりました。

 私自身はAndroidの方が自分の生活スタイルに合っているので、特に気にしてはいなかったのですが、iPhone5s/5cの使用するLTEの周波数帯が決定したことで、AndroidユーザーもLTEの使い心地に変化が出てくるのでは無いかと想像しています。

 ケータイWatchの記事によると、iPhone5s/5cのLTE、NTTドコモは2GHz帯・1.7GHz帯(東名阪)・800MHz帯、auは2GHz帯・800MHz帯、ソフトバンクモバイルは1.7GHz帯(イーモバイル)・2GHz帯を使えるとのこと。ソフトバンクモバイルは900MHz帯も来夏以降対応します。

 ここで注目すべきはNTTドコモとauで1.5GHz帯に対応しなかったことです。

 NTTドコモの1.5GHz帯は東名阪以外の地方都市で積極的に整備されていて、特に仙台市内はこの夏以降市街地のほとんどが1.5GHz帯でカバーされました。我が家もそのエリアに入っています。最大112.5Mbpsと非常に高速なのも嬉しいところで、今年以降1.5GHz対応のAndroidスマートフォンはかなり快適な速度で使えるようになりました。

 その1.5GHz帯にこれから爆発的にユーザーが増えるであろうiPhone5s/5cが対応しなかったことで、1.5GHz帯を使うユーザーの伸び方がゆるやかになり、1.5GHz対応のAndroidスマートフォンを使ってきた人は、通信の快適さがかなり持続するのでは?という期待が出てきました。

 実は私は、今年末に2年を迎えるNTTドコモのARROWS X LTE F-05Dの回線があり、何か買い替えを考えておりました。ソニーモバイルのXperia Z1(日本ではNTTドコモとauで発売の模様)を買おうと思い、auへのMNP転出を検討していました。auはLTEの800MHz帯が広く、速度的にも非常に快適ということが先日仕事でauのスマートフォンを使った時に実感したので、MNPを前提に考えてきました。

 しかし、auのiPhone5s/5cが800MHz帯に対応すると決まり、これまでかなり空いていた800MHz帯が一気に混み始めるのではないかという危惧を感じました。

 というわけで、これから空いてくるのではないかと思われる1.5GHz帯でかなり快適に通信できるNTTドコモで普通にXperia Z1に機種変した方が良いかな?と思えてきました。

 LTEの周波数のことをいろいろ知っていくと、自分の使いたいスマートフォンがどこのキャリアで使いやすいかな?というところが見えてきます。今回のiPhone5s/5cなら800MHz帯を広域で整備したauが快適かな?と思います。逆にAndroidだと空いている周波数1.5GHz帯のあるNTTドコモが良いかな?と想像しています。

 なお、NTTドコモの1.5GHz帯は東名阪以外の地域で整備されていますので、東名阪地域の方はまた別の話です。東名阪はこの秋から最大150Mbpsで通信できる1.7GHz帯が使えますので、iPhone5s/5cはもちろんAndroidも対応端末なら快適な通信が期待できそうです。

 ちなみに今回日本で発売されるiPhone5s/5cはTD-LTE対応が見送られたので、TD-LTE互換のソフトバンクのAXGP回線も今後それほど混み合わないことが想像できます。ソフトバンクでAndroidを使いたい人で、AXGPのエリア内という人は、結構快適に使えるかもしれません。ただ、ソフトバンクはもう少しAndroidで魅力的な商品を揃えて欲しいところです。

 もちろんインフラは変わりゆくもので、各キャリア必死の整備を進めています。各社混みそうな周波数帯もしっかり整備していくことと思います。とはいえ、各社のLTE周波数を理解し、発売しているスマートフォンの対応周波数により、自分の使いたいスマートフォンがどこのキャリアで使いやすいかを予測していけば、買った後の充実度も違ってくることと思います。各キャリアのLTE周波数、そして欲しいスマートフォンの対応しているLTE周波数を知ることで、より自分の使い方に合ったキャリア選択ができるのではないでしょうか。

ご報告 [お知らせ]

 いよいよ明日から新年度ということで、私もいろいろ生活が変わります。

 昨年から始めた私立高校の非常勤講師は新年度も継続となり、週3回高校で生物を教えます。3月まで週4回勤務だったのですが、ちょっと体力的にライターとの両立が厳しい面もあったので、学校の方に無理を言って週3回勤務をお願いしました。リフレッシュできる時間を作れる分、より頑張っていきたいと思います。

 もう一つご報告がございます。結婚することになりました。6月に入籍予定です。お相手は大学時代の所属サークル、混声合唱団の先輩の妹さんです。先輩から紹介を受けて、お付き合いさせていただく中で、心底素晴らしい方だと思い、結婚を決めました。

 守るべき人ができたので、これからは一層仕事に邁進しなければいけないと思っています。ライターと講師の仕事、共に全力で頑張っていくと共に、家庭も大切にしていきたいと思います。今後ともよろしくお願いします。
nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

震災から2年 [日常雑記]

 今日で東日本大震災から2年が経ちました。

 今日は電力ホールにて行われた震災追悼コンサートでモーツァルトのレクイエムを合唱団の一員として歌ってきました。14:46、私は楽屋で黙祷しました。「歌の力」「音楽の力」があるのかどうか、私には分かりませんが、自分なりに震災で犠牲になられた方々を思う気持ちを表現したいと思い、心を込めて歌いました。電力ホールにはたくさんのお客様にお越しいただき、大変ありがたく思いました。

 まだまだ震災からの復興は道半ばで、時間がかかります。私にできることは被災した宮城県・仙台市に根を張って生きていき、被災地の希望の光として懸命な戦いを続けているベガルタ仙台のことを多くの人に伝えること、そして次世代を生きる高校生の夢の実現の一助となるべく、講師の仕事をしっかりやることだと思っています。

 被災地のためにもっといろいろなことをしたいと思いつつ、ほとんど何もできていないもどかしさを感じていますが、自分のペースで復興のためにできることをやっていきたいと思います。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ベースボール・マガジン社刊「正しいバルサの目指し方」を献本いただきました [サッカー・ベガルタ]

 先日「だから、ベガルタ仙台が面白い!」という本で執筆させていただいたベースボール・マガジン社さんから「正しいバルサの目指し方」を献本いただきました。

 この本は「サカマガトークJAM #01」と銘打たれていて、サッカー解説者の名波浩さんと、サッカーマガジン編集長の北條聡さんが、史上最高の呼び声高いスペインのFCバルセロナのようなチームをつくるには?というキーワードの下に、世界のサッカー、日本のサッカーの守備・攻撃戦術について、そして主に名波さんが日本代表として活躍されていた頃の日本サッカーの過去を振り返り、さらには未来の日本代表について語っていくという、終始対談形式で繰り広げられる本です。

 本日読了しましたが、とても興味深い話ばかりで楽しく読めました。実はベガルタ仙台の話がたくさん出てくるのです。お二方とも、世界のサッカーもたくさんご覧になっていますが、ベガルタ仙台のサッカーもきちんとご覧になっているな、と感心しました。角田選手、富田選手、菅井選手、太田選手などが話に上っています。ベガルタ仙台の戦術に関しても興味深い考察がなされていて、世界の戦術のトレンドとも比較がされています。

 もう一つ、名波浩さんは全盛期のジュビロ磐田のお話を随所で述べられていますが、なぜあれだけ強かったのかがとてもよく分かりました。一般的なあの頃のジュビロ磐田のイメージ以外の部分も随所に語られていて、それは今のサッカーでも学ぶべき部分があるな、と思いました。

 単なる戦術解説にとどまらない、サッカーの本質、強いチームが持っているもの、といったこともたくさん語られていて、何度も読み返したくなります。海外サッカーが好きな方、日本代表が好きな方、Jリーグが好きな方、どんな方が読んでも楽しいだろうな、と思います。あと、いつか名波浩さんが指導者としてデビューされた後、また読み返したいな、と思いました。

 ベガルタ仙台についてもたくさん言及がありますので、ベガルタ仙台サポーターの方も楽しめます。一読の価値ありですよ。


正しいバルサの目指し方 (サカマガトークJAM)

正しいバルサの目指し方 (サカマガトークJAM)

  • 作者: 名波 浩
  • 出版社/メーカー: ベースボールマガジン社
  • 発売日: 2013/01
  • メディア: 単行本



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

ドコモ春モデル発表会、最大のサプライズは? [携帯電話]

 昨日NTTドコモ2013春モデル新製品・新サービス発表会が行われました。

 スマートフォンはクアッドコアCPU・フルHD液晶搭載モデルが多数発表され、いよいよこのスペックが今年の標準になっていくのだな、と感じました。今回はおくだけ充電対応モデルも多数揃っているのが嬉しいところ。おくだけ充電も急速充電に対応したモデルがあるなど、進化しているように感じました。フルHDに関しては、まだコンテンツ側の準備が整っていない感もあり、もう少しこなれてから買っても良いかな、と思ってます。そんなわけで、スマートフォンやタブレットに関しては特に食指が動いた物はありません。AQUOS PHONE ZETA SH-02E買ったばかりですし。

 しかし、意外な商品に心惹かれました。Smart TV dstickというテレビのHDMI端子に挿すSTBの一種です。

 現在ドコモスマートフォンユーザーで、ドコモが展開しているdビデオ(旧dマーケットVIDEOストア)、dアニメストア、dヒッツ(音楽コンテンツ)といったサービスに加入している人なら、特別な料金がかからずに、dstickをテレビのHDMI端子に挿すだけで、家庭用テレビでこれらのコンテンツを楽しむことができるというものです。これまでもHDMIケーブルでスマートフォンやタブレットとテレビを繋げば見ることはできていたのですが、ケーブルをテレビに繋ぐよりもずっと敷居が低く、操作性が格段に良くなります。

 dビデオは昨年末加入しましたが、ドコモが提供するコンテンツサービスの中でもかなり好評のようで、確かに映画・ドラマコンテンツが豊富でこれで月額525円なら、何度もレンタルビデオ屋に行くよりも楽ですし、ヘビーユーザーにとってはむしろ安いかな、とも思います。旅先で見られるのも良いです。ただ、スマートフォンやタブレットの画面だけで見るのはちょっと勿体ないな、とも思っていました。

 今回ドコモがこうしたスマートフォン・タブレット向けサービスを、家のテレビでも見られるように展開してきたというのは、昨今のマルチデバイス化、スマート家電化の流れに沿ったもので、ドコモのマルチデバイス戦略がようやく見えてきたな、と昨日の発表を見ながら思いました。将来的には今行っているdマーケットのかなりの部分のサービスもテレビを使ってできるようになるのかな?と想像しています。

 また、キャンペーンで7万名に無料プレゼントというのも嬉しいところ。早速キャンペーンに申し込もうと思います。普通に買うと8925円(予価)だそうです。それでも結構安いな、と思います。

 ドコモは現在iPhoneを発売していませんが、自社のコンテンツサービスがそれなりに育ってきて、こういう展開ができるとなると、無理にiPhoneを発売しなくても…という考えがあるのだろうな、と思います。今回の発表会はスマートフォンの新商品よりも、docomo Smart Homeの展開の方がサプライズだったのかな、と思いました。

2013シーズン始動 [サッカー・ベガルタ]

 だいぶ前回の更新から日が経ってしまい、今年最初の更新が遅れてしまいました。

 年末年始は東京・滋賀・大阪で充実の取材ができました。小学生年代から大学生年代まで様々な年代の大会を見ることができ、全国各地のチームを見て、大変勉強になりました。アウェイでの長期取材は刺激がいっぱいで、とても楽しい3週間でした。

 ベガルタ仙台は1月15日に2013シーズンが始動しました。5名の新加入選手、2名の復帰選手を加え、28名でのスタートとなりました。新加入選手は外から見ていて良い選手だな~と思っていた選手ばかりだったので、仙台にどう融合するか楽しみでなりません。

 いよいよ明日からキャンプ。今年はキャンプに行くかどうかまだ分からないのですが、ぜひ良いトレーニングをして、2月26日のACL初戦、3月2日のJリーグ開幕戦に向けてぜひ頑張って欲しいと願っています。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

今年も1年間ありがとうございました [日常雑記]

 今年も1年間、多くの皆様方のおかげで、ライターとして、そして非常勤講師として仕事ができ、無事新年を迎えることができることを心より感謝申し上げます。ありがとうございました。

 ライターとしては、今年はサッカー関係で昨年以上に様々なお仕事に携わることができ、年末には本の執筆にまで関わることができました。何と言ってもベガルタ仙台がJ1リーグ戦2位と躍進したおかげです。また、今年からGoal.comにて試合レポート等執筆させていただくようになり、今まで以上にベガルタ仙台の情報を常時発信することができたことを大変嬉しく思っております。携帯電話業界のお仕事も、何冊か本の執筆に携わることができ、新商品発表会やブロガーイベント、震災からの復旧状況の取材や、電波測定など様々なお仕事をすることができました。また、少しばかりですがWeb開発言語に関する著述も始めることができました。様々なお仕事でお目にかかった皆様、お力添えいただいた皆様に心より感謝申し上げます。来年も様々な分野で活躍することができれば良いと思っています。

 また、今年は4月より仙台市内の私立高校で非常勤講師として働かせていただきました。9ヶ月間様々なことがあり至らぬ点も多かったのですが、生徒の皆さんや先生方にも助けていただき、何とか9ヶ月続けることができました。来年もぜひ頑張っていきたいと思います。

 今年も楽しいことだけではなく、苦しいこと、辛いことがたくさんありましたが、1年通して見れば、良い1年だったと思います。何と言ってもベガルタ仙台のJ1優勝争いは本当に私自身勇気づけられました。そしてベガルタ仙台アカデミーではジュニアのバーモントカップ準優勝、ジュニアユース・ユースのクラブユース選手権全国ベスト8進出は、今までベガルタ仙台アカデミーを見続けて本当に良かったと思える程嬉しい出来事でした。ずっと見続けてきた選手の皆さんの笑顔をたくさん見ることができた1年でした。

 年末に引っ越しをして環境も変わりましたので、来年はさらに飛躍できるよう頑張っていきたいと思います。来年も何卒よろしくお願いいたします。

 と書きましたが、実は仕事納めは大晦日の高校サッカー選手権取材です。明日は携帯電話業界関連の忘年会で、大晦日は仕事で忙しいので、本日年末のご挨拶をさせていただきました。明後日まで仕事頑張ります。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

約3週間仙台を離れます [サッカー・ベガルタ]

 12月19日から1月9日、毎年恒例年末年始の出稼ぎ取材を行います。東京・滋賀・大阪を回り、ベガルタ仙台アカデミーと高校・大学サッカーを取材します。

12月19・22日 第61回全日本大学サッカー選手権大会(仙台大学取材)
12月23~29日(最長) 高円宮杯第24回全日本ユース(U-15)サッカー選手権大会(ベガルタ仙台ジュニアユース取材)
12月25~28日(ジュニアユース上位進出の場合一部日程のみ) 第6回GO FOR 2018 CUP(ベガルタ仙台ユース取材)
12月31日・1月2日 第91回全国高等学校サッカー選手権大会(仙台育英高取材)
1月4~6日 バーモントカップ第22回全日本少年フットサル大会(ベガルタ仙台ジュニア取材)

 高円宮杯は滋賀・大阪で行われ、残りの大会は首都圏で行われます。長丁場の取材旅行となりますが、身体に気をつけて頑張って参ります。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

Softbank 4G(AXGP)対応STREAM 201HWを仙台で使ってみました(後編) [携帯電話]

 ファーウェイ・ジャパン製ソフトバンクスマートフォンSTREAM 201HWのレポート後編は端末自体の魅力を紹介します。下り最大76MbpsのSoftbank 4G(AXGP)の高速通信に対応し、仙台市内でも主に市街地はエリア内となっており、実測でも下り25Mbps程度を確認しました。現在、仙台市内ではdocomo LTE Xiの実測が4~5Mbps程度ということを考えると、非常に速いと言えます。

 こうした高速通信を楽しめるのがSTREAM 201HWの魅力の一つですが、201HWは他にも魅力がいろいろとあります。

●非常にコンパクト

201HW_11.JPG

 写真は左からAQUOS PHONE ZETA SH-02E、STREAM 201HW、iPhone4Sを並べてみたものです。iPhone4Sよりは大きいですが、AQUOS PHONE ZETA SH-02Eよりはずっとコンパクトなのが分かるかと思います。幅65×高さ133×厚さ9.9(最厚部13)mmということで、幅が狭くて、丸みを帯びたフォルムなので、とても持ちやすいです。

201HW_12.JPG

 iPhone4Sと重ねてみたところ。ちょっとだけSTREAM 201HWの方が大きいですが、大型端末の多いAndroid端末の中ではかなり小ぶりな方です。コンパクトなスマートフォンを持ちたい方にはオススメですね。

●シンプルなUI・プリインストールアプリ

 日本のキャリアが販売するAndroid端末はキャリアやメーカー製のプリインストールアプリがたくさん入っていて、挙動が遅くなったり不安定になったりするのが嫌だ、という方も多いと思います。STREAM 201HWはキャリア製のプリインストールアプリが少なく、とてもシンプルな構成になっています。また、UIも極めてシンプルで、自分でいろいろとカスタマイズしたい人にとっては、非常に魅力的だと思います。

201HW_13.png

 ホーム画面と通知画面。ホーム画面は大きなクセがなく、新しいアプリをインストールすると、ショートカットを自動で作るしくみです。通知エリアが情報過多な端末も多い中、通知エリアも非常にシンプルな構成になっています。もう少し設定できる項目があっても良いかな?とも思いますが。

201HW_14.png

 ソフトバンクのAndroid端末はドコモやauよりもプリインストールアプリが少ないのも大きな特徴。できるだけ自分の好きなアプリ構成にしたい人にとってはとても良い端末だと思います。

●カメラやエンタメ機能もなかなかのもの

 カメラやエンタメ機能もなかなか充実しています。

201HW_15.png

 カメラは最近のトレンドをしっかり押さえたつくりで、連写やパノラマ撮影などもできますし、とにかく起動が速くて使っていて気持ち良いです。また、最近はXperiaシリーズや一部の海外メーカー製スマートフォンでしか見られなくなったFMラジオアプリがあるのも特長。FMラジオチューナーが入っているのです。イヤホンをアンテナ代わりにするため、イヤホンを挿して聴く必要がありますが、クリアな音質でFMラジオが聴けます。写真は電波出力の弱いコミュニティFMを仙台市内の我が家で聴いてみたところですが、ノイズも少なく綺麗な音質で聴けました。自動で受信できるFM局を探してくれる機能も嬉しいです。ラジオ好きな人にとっては、非常に魅力的だと思います。

●何をするにも速くてスムーズ

 いろいろ使ってみましたが、1.5GHzのデュアルコアCPU搭載ということもあり、端末の挙動は極めてスムーズ。起動も非常に速くてウリの一つである「5秒起動」は初めて触る方はきっと驚くと思います。先述の通り、カメラの起動も速いです。

●バッテリーも大容量

 コンパクトながら1,930mAhのバッテリーを搭載しているのも良いところ。バッテリー持ちも良いな、と思いました。

 以上、基本的なつくりがしっかりしていて、なかなか良いところの多い端末だな、と思いました。シンプルな構成のスマートフォン、コンパクトなスマートフォンが欲しいという方にはオススメできます。挙動もスムーズで速いですし、使っていてストレスも少ないと思います。

 元々発売当初から一括購入でも2万円台という破格のお値段で発売されていましたが、最近はさらに値下げもされているようです。この値段でこのパフォーマンスというのはとてもお買い得だと思います。前編で紹介したSoftbank 4G(AXGP)エリア内であればさらに端末の魅力は増すと言えます。安くて使いやすいスマートフォンをソフトバンクでお探しの方は、ぜひご検討いただければと思います。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。