So-net無料ブログ作成
検索選択

日本クラブユースサッカー選手権(U-18)大会、ベガルタ仙台ユース2年連続ベスト16 [サッカー・ベガルタ]

7月24~28日、群馬県前橋市で「adidas CUP 2014 第38回日本クラブユースサッカー選手権(U-18)大会」に出場したベガルタ仙台ユースを取材しました。

今大会のベガルタ仙台ユース、本当に強く凛々しい集団でした。お目にかかったライターの方、指導者の方の多くがベガルタ仙台ユースのサッカーを讃えていました。ポゼッションとカウンターの使い分けも良かったですし、何よりあの炎天下で驚異的な活動量でよく走り、気持ちの見える清々しいサッカーをしていたと思います。結果は決勝トーナメント16でFC東京U-18に0-0(PK9-10)でPK負けとなり、ベスト16でしたが、間違いなくベスト16以上の価値があったと断言します。このような素晴らしいチームを取材できたことを誇りに思います。

今大会は初めて、二種登録選手の佐々木匠選手がトップチームに呼ばれるかもしれないという状態で迎えた大会でもありました。それ故の難しさも感じました。代表選手や二種登録選手を抱えれば、それに伴う様々な周囲の動きにも対応していかなければならないと知りました。佐々木選手はベガルタ仙台オフィシャルサイトの大分トリニータU-18戦レポート通り過密スケジュールを全く言い訳にせず戦いましたが、結果的に昨日の東京ヴェルディユース戦で負傷してしまい、今日のFC東京U-18戦は不出場となりました。私としては4日のU-16日本代表招集まで少し休んで欲しいです。「2日の大宮戦出せるじゃん!」という声もありますが、ベテランだけでなく、若い選手だって疲れます。代表で一生懸命頑張ってもらうためにもゆっくり疲れを取って欲しいな、と思います。

FC東京U-18戦試合終了後、越後監督が冗談を言って、PKを外した選手を慰めると、自然と周囲の選手も笑顔が戻って、その選手を慰めていたのが印象的でした。この雰囲気の良さこそがベガルタ仙台ユースの魅力です。もちろん笑顔の下にはみんな悔しさを隠しています。今大会での経験を力に変え、さらに成長した姿をプリンスリーグ東北、Jユースカップで見せてくれることを期待しています。

群馬取材でお目にかかった皆様、大変お世話になりました。本当にありがとうございました。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。