So-net無料ブログ作成

ブラジルワールドカップ日本代表への個人的見解 [サッカー・ベガルタ]

 日本代表、ブラジルワールドカップはグループリーグ1分け2敗で敗退が決まりました。

 大変残念な結果で、ガッカリはしましたが、大会前から「グループリーグ敗退という結末も、決勝トーナメントでの躍進もどちらもあり得るだろう」と思っていたので、ひどく落胆はしませんでした。

 ザッケローニ監督のこの4年間のチームづくりについては一定の評価をしています。ここまで攻撃的なアプローチで本大会に臨んだチームは過去無いだろうと思います。狭いエリアでもパスを繋いで崩すサッカーは、はまると爽快でしたし、選手は意欲的にザッケローニ監督の戦術を表現しようとしていました。どんな相手でも主導権を握って攻めようとする姿勢は、昨年秋のオランダ戦やベルギー戦で結実し、大きな期待を抱かせました。

 その反面守備は常に脆さが付きまとっており、チームのコンディションが悪い時は厳しい結果が待っていました。

 そのため、はまれば躍進、はまらなければグループリーグ敗退だろうと思っていました。結果的にはコンディションが調わず、はまらなかったな、という印象です。何人かの主力選手は驚くほどコンディションが悪く見えました。ザッケローニ監督自身もワールドカップでの指揮が初めてということもあり、第1戦で大久保選手の投入を躊躇している間に失点を喫するなど、采配面での失敗はあったと思います。

 攻撃的なスタイルを志向したわりには得点に結びつかなかったのは、GKからFWまでの縦の軸が不安定で、3試合とも選手を入れ替えながら臨まねばならなかったことも影響したと思います。とりわけ長年にわたり日本代表のボランチとして君臨した遠藤保仁選手の不振の影響は大きく、山口螢選手や青山敏弘選手のような若い選手がその穴を埋めきれなかった印象です。攻撃では前の選手に効果的なパスが出ず、守備では脆さを露呈。次世代を担うボランチには課題を突きつけられた大会でした。でも、これは経験が解決する問題だとも思います。山口選手、青山選手、そして他にも素晴らしいボランチは日本にたくさんいますので、経験を積んでほしいと願っています。

 今回のグループリーグ敗退に関しては、それほど監督や選手を責めようとは思いません。この4年間の営みには一定の評価をして良いと思っているからです。世界の強豪国相手にもショートパスで相手を崩すサッカーを展開できるようになり、互角かそれ以上の試合をした試合もありました。残念ながら現状ではそれを安定して発揮することはできませんが、世界の強豪もワールドカップで結果を出そうと必死です。スペインやイングランドですらも必死にやって本大会で失敗することがあるわけです。なので、本大会で結果が出なかったから、それまでの積み上げが全否定されるというのは良くないと思います。

 ザッケローニ監督は震災後も日本に残り指揮を執って下さり、被災地でサッカー教室を開いた時には子どもたちを笑顔で見つめていました。人格的に本当に素晴らしい方だと思いますし、選手のコメントからも監督を慕っていたのが伝わってきます。人格的に素晴らしい人が必ずしも成功するわけではないのがサッカー界でありますが、この4年間素晴らしい人格者の下で、攻撃的なアプローチの下、公式戦を戦えた経験は必ずや今後に生きると思います。本当にありがとうございました、と言いたいです。

 なお、今回の大会で北中米・南米チームの好調を見るにつけ、南米の大会でのコンディション調整は極めて難しいと思いました。日本サッカー協会は今大会でのコンディション調整失敗を糧に、今後の大会でのコンディションづくりに生かして欲しいと願っています。

 今後の方向性ですが、日本が今まで歩んできた歴史を踏まえてチームづくりを進めてくれる監督就任を臨みます。ザッケローニ監督の展開したパスで相手を崩す攻撃サッカーを継続、で大筋は良いかと思います。ただ、ザッケローニ監督就任以前オシム監督や岡田武史監督が展開した活動量を生かすスタイルなども踏まえ、もう少し守備も組織的に整備できると良いかな、と個人的には思っています。攻撃も守備もバランスが大事なので、よりバランスを考えた形で進めていけると、試合ごとの波も減っていくかな、と思います。

 あとはやはり日本は中盤の選手以外になると人材が薄くなる印象です。世界で個で戦えるGK、DF、FWの選手を育てていく努力は必要だな、と思います。

 残念ながら今大会の日本代表は良いパフォーマンスを見せることができませんでしたが、この4年間の積み上げが残した財産は大きいと思っています。反省すべきは反省し、過剰にガッカリし過ぎることなく、また「優勝」という高い目標を目指し、ポジティブな挑戦をしてもらいたいと思います。このような結果になりましたが、ザッケローニ監督はじめ日本代表の選手たちは我々の誇りです。ここまで本当にありがとうございました。

 以上、日本代表を取材しないライターの個人的見解でした。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。